顔足のむくみにはこのツボを!

gatag-00006420

「顔がむくむ」「夕方になると足がむくむ」
むくみは身体の水分代謝の低下、血流の悪化で出やすくなります。

とくに女性の場合はハイヒールや、圧迫の強い下着を身に着けていることが多いので注意が必要です。
ここでは“むくみ”に効果的なツボを紹介します。

▲▲ツボ一覧ページへ戻る

足のむくみ

むくみ 前面

◎水分(すいぶん)
身体の中心線上でおへそから指幅1本分上がったところです。
名前の通り、身体の水分代謝を促す効果があります。

◎水道(すいどう)
おへそから指幅4本分下がり、そこから両脇へ指幅3本分を外へ。
泌尿器系に効果のあるツボです。

◎曲池(きょくち)
親指を上にして肘を曲げると出来るしわが出来ます。
そのしわの一番外側にあるツボです。

◎合谷(ごうこく)
親指のつけ根。
親指とひとさし指の骨の間。

指で押すと痛い感じがします。

◎足三里(あしさんり)
膝のお皿のすぐ外側にあるくぼみから、指幅4本下がったところで、すねの縁にあります。

◎湧泉(ゆうせん)
足の裏。
カカトからつま先までの上3分の1のところに出来るくぼみ。

 

むくみ 下腿

◎三陰交(さんいんこう

内くるぶしの中心から、指を4本分上がった場所。

 

◎復溜(ふくりゅう
内くるぶしの中心から、指を3本分上がった場所。
アキレス腱の際にあり、抑えると痛い感じがします。

 

何でむくみが起きちゃうの?

むくみは水分代謝のバランスが崩れることで起こります

  • 朝起きると顔がパンパン
  • 夕方になると足がパンパン

これは人間をペットボトルに見立ててみると分りやすいかと思います。

人間の70パーセントは水分で出来ています。
もちろん、この水分は身体の外に漏れださないように、皮膚という壁、血管という壁、細胞膜という壁がガッチリと守ってくれています。

しかし、それも完全ではありません。333333
時間とともにこれらの水分は少しずつ漏れ出していきます。
人間は足が下にあり、頭が上にありますので、この漏れ出た水分は重力に従って

朝は頭にあり ⇒ 夜は足元に 溜まっていくのです。

この足元に溜まった水分は寝ている間に(身体が横向きになっている間に)全身に戻っていきます。

全身の血流や代謝がよければ、この「下に溜まる」「上に戻る」という流れがスムーズに起こるのですが、不調の場合は水分が上手に戻ってくれないときがあります。
これがむくんでいる状態です。

 

ツボを押すと・・・

ツボに刺激をいれることでこういった身体の循環を上げる作用が強化され、むくみの予防、解消につながります。
お腹のツボなどはあまりゴリゴリ押すと気持ちが悪くなるので、ゆっくりと手を当てるだけでも効果があります。

 

 

ツボを見つけたら、お灸をしましょう

mig

ツボを見つけたら、そのまま指でゴリゴリしても
効果はありますが、お灸をすると効果がさらに
上がります

特に骨の上にあるツボは、指ではゴリゴリしにくいのでお灸がおススメです。

ツボの正確な位置はWHO(世界保健機構)で厳密に定められていますが、だいたいの位置でも効果は表れます。

ツボの効果は個人の体質によって異なります。
ここでは古荘鍼灸治療院でおススメのツボを紹介させていただいています。

▲▲ツボ一覧ページへ戻る

   手、足裏、お腹などのツボ・鍼灸でむくみは解消します