風邪のツボ

風邪の引き始めにお試しください

kenkou-12-4
  • 咳がある、息苦しい
  • 鈍重感(重い感じ)がある

こんな症状は出ていませんか?
風邪の引き始めならツボである程度緩和が可能です。

「ちょっと今日は辛い…」そう感じるときにこのツボを試してみてください。

▲▲ツボ一覧ページへ戻る

風邪を引いたときは・・・

◎肩井(けんせい)
乳頭のま上。
肩の上縁でコリのあるところ。

◎中府(ちゅうふ)
鎖骨から指二本下がったところ。
硬い筋肉があるので、指で押すとじわっとした感じがします。
咳や息苦しさに効きます。

◎天突(てんとつ)
左右の鎖骨の中央にあるくぼみ。
のどの症状に効きます。

◎合谷(ごうこく)
親指のつけ根。
親指と人さし指の骨が交わる部分。
押すと圧痛がします。

 

◎風池(ふうち)
首の後ろを走る2本の太い筋。
そのくぼみの中にあるのが風池。
押さえるといた気持ちいい感じがしますが、
あまりグリグリしすぎないように注意しましょう。

◎大椎(だいつい)
頭を前に倒し、首の付け根の部分でもっとも飛び出てくる骨を触ります。
そのすぐ真下にあるのが大椎のツボです。

 

 

ツボを見つけたら、お灸をしましょう

mig

ツボを見つけたら、そのまま指でゴリゴリしても
効果はありますが、お灸をすると効果がさらに
上がります

特に骨の上にあるツボは、指ではゴリゴリしにくいのでお灸がおススメです。

ツボの正確な位置はWHO(世界保健機構)で厳密に定められていますが、だいたいの位置でも効果は表れます。

ツボの効果は個人の体質によって異なります。
ここでは古荘鍼灸治療院でおススメのツボを紹介させていただいています。

▲▲ツボ一覧ページへ戻る

   中百舌鳥~黒土町での骨盤矯正は当整体マッサージ院へ