腱鞘炎の痛みは鍼灸で軽減します

鍼灸 腱鞘炎 トップ

こんなトラブルありませんか?

  • 手首が痛くて事務仕事がしにくい
  • 重い荷物を持つのがつらい
  • 料理するときお鍋が重たい
  • パソコン作業で手が痛くなってくる

▼▼ その症状、放ってませんか

腱鞘炎①

 

『腱鞘』とは手首の件を保護するために腱の周囲を覆っている、pei_vol37
鞘(さや)の部分のことを言います。

これは本来、腱がスムーズに動くためにある通路として機能しているのですが、長時間の反復作業が続くと『腱鞘』とその中を通る『腱』が摩擦を生み出して炎症を起こしてしまうのです。
そのときの炎症による痛みが『腱鞘炎』です。

中でも、親指のつけ根が痛くなってくるものを≪ドケルバン病≫といい、手首の腱鞘炎の中でも特に多いものと言われています。

 

炎症を放っておくと・・・

一般的に言うところの「使い過ぎの痛み」ですので、何もせずに放っておいても治ります。
しかし、それは休養をとることが前提ですので、大丈夫だと思っていると思わぬところとで重症化してしまいます。

特に、原因となる反復作業が仕事によるものであることも多いので、休養を取りたくても取れないというパターンも多いようです。

 

腱鞘炎の一般的な治療法は腱鞘炎②

・軽いものならばシップを貼って安静にしておく
・あまりにも強いものは痛み止めの注射する
・それでも治らない場合は手術をする

という流れになります。
最悪、手術をすると痛みはなくなると言われています。

しかし、身体に一度メスを入れてしまうと
・痛みはなくなったけど違和感が残った
・手術の傷口が時折傷む
といった弊害がよく聞かれます。

ですので当然、手術をせずに治していくというのが一般的です。

 

腱鞘炎を重症化させないためには

まず第一に必要なのは安静にすることです
俗にいう「使い過ぎ」による痛みなので、原因となっている、パソコン作業や、事務作業などを一度中止することが出来れば最良です。
ただし、これらの作業は仕事としてしている場合がほとんどですので、実際に辞めるというは難しいと思います。
その場合は次の手段を試してみましょう。

腱鞘炎に限らず炎症による痛みで≪安静にする≫の次に試して欲しいことは≪氷で冷やすこと≫です。20120506_2951443
スポーツなどをしている方で捻挫や打ち身をした直後に氷で冷やしているのを見たことがありませんか?
これはアイシングと言って炎症を治めるのにとても有効な方法なのですが、スポーツの場以外でも使える便利な治療、予防法なのです。

腱鞘炎でお困りの方はまずはこちらを試してみましょう。
ただし、それでもあまり痛みや症状が改善しないという場合は他の治療を併用した方が良いかもしれません。
その際は一度ご相談ください。

▲▲アイシングの方法はこちら

腱鞘炎の痛みには鍼灸治療が効果的です

休息をとって、氷で冷やしている。
でも、なかなか治らない。
そういうときは鍼灸治療が有効です。

鍼灸による効果は大まかなに分けて3つあります。o037804201328073333357

  • 血液の循環を改善する
  • 硬くなった筋肉をやわらげる
  • 自律神経の乱れを整える

これらは痛みを治めるために、どれも重要です。

 

鍼灸治療によるツボへの刺激

肩こり 後ろ

鍼やお灸をするというとイメージしにくいことが多いと思います。
ですので、ツボ療法の一種だとイメージしてみましょう。

東洋医学では身体には、筋肉を覆っている膜や、神経の繋がり、のようなラインが通っているという考えがあり、これを経絡(けいらく)と呼んでいます。
そこの特に反応の出やすい場所を経穴(けいけつ)と呼び、そこに向けて鍼を打ったり、お灸をすえたりします。

ですので、手首や腕の治療ですが、肩や背中にお灸や鍼をすることがよくあります。
初めてのかたは驚かれることが多いので、あらかじめご了承ください。

 

骨盤×鍼灸 で身体の力を引き出すます

古荘鍼灸治療院では整骨院で一般的に行われているマッサージなどで筋肉を緩めるといった施術だけでなく、身体の動きに注目した施術を行っています。

 

ここでひとつ身体の動かし方を実験してみましょう。

Aは重りをから持ち上げています。
Bは重りを下から持ち上げています。

同じようした場合、どちらが腕を上げやすいですか?
ペットボトルのような重りを持つと違いが分りやすくなります。
さらに重い鉄アレイであれば、なおOKです。

恐らく重さの感覚は違うはずです。
これはどちらが良いという話ではないのですが、ここでは手首の捩じりかたひとつで重さの感覚が変わるということを知ってほしいのです。

この身体のねじれが起こったままで鍼灸をしても治りが悪かったり、痛みが消えてもすぐに戻ってしまうことになってしまいます。
ですので、当院では鍼灸治療と併用して骨盤矯正で身体のねじれをとる施術を行っています。

鍼灸ページ1当院は
・カウンセリングの時間が長い
・マッサージをあまり行わない
といった点で、一般的にイメージされる治療院と少し違うところがあります。
 
 

患者さんの声

骨盤整体と鍼灸治療を受けています。
鍼灸を受けるのは初めてだったので最初は怖かったのですが、実際に受けてみるとそれほど痛みもなく楽に受けることが出来ました。
受けた後は痛みも引き、身体の動きもよくなってきました。
骨盤矯正と合わせると身体の動きも良くなってきました。
体操も教えてくれるので、このまま続けていきたいと思います。
ホームページをご覧いただき、ご興味いただけましたら健康な身体作りの手伝いをさせていただければ嬉しいです。
予約は、ネット予約か、お電話(☎072-240-1110)でご予約下さい。

 

  向陵中町、百舌鳥赤畑町の、手首、指の痛みは針灸院へ