バランスボールで骨盤矯正 ≪肩甲骨はがし≫

バランスボールと肩甲骨体操

10011987507_s

バランスボールを使いこなせていますか?
今回はバランスボールでの肩こり体操です。

基本の乗り方はこちらのページで復習してからお読みください。
バランスボール基本の乗り方

バランスボールにのることで、腰痛や猫背を治したり、ダイエットの効果を出すことが可能です。
さらに使いこなすことで、肩こり解消の体操を行うこともできます。
もしもあなたの部屋や実家にバランスボールが眠っていたら、しっかり体操で肩こりも撃退していきましょう。

バランスボールを使った肩甲骨体操 ≪肩甲骨ほぐし≫

まずはボールに乗ります。
乗ったあとに腹筋で体感を固定します。
お尻を軽くしめることで、お腹の中に「持ち上がった」ような感覚が出るのでしっかり意識しましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%82%ba

 

≪ここに注意しましょう!

反り腰や、猫背にならないように気をつけてください。

 

①両手を前に構えます

両手を前に構えます。
肘がつくようにしましょう。
肩甲骨の動きが悪いかたはつけれる範囲で大丈夫です。

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%893

②両手を開いていきます

両手をゆっくり開いていきましょう。
肘を落とさないことがポイントです。
両手の平を外側に向けるようにしましょう。

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%892

③手の位置をもとに戻します

手をもとの位置まで戻します。
ゆっくり戻すようにしましょう。
このときも腹筋の力が抜けないように気をつけて!

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%893

≪関連記事≫
バランスボール基本の乗り方

   堺市・中百舌鳥での、腰痛・肩こりは当院へ