肩こり型・頭痛に効果的 首のストレッチ

肩こり、そして肩こり型頭痛に有効です!

  • 慢性的に肩がこる
  • 肩こりと頭痛が併発する

肩こりはいわば国民病。
多くの方が困っている症状のひとつです。

中でも肩こりが強くなると頭痛まで出てくるという方はいらしゃいませんか。
その時は首のストレッチをしてあげましょう。

肩こりとは、首-肩、首-背中、をつなぐ筋肉が固まることで起こる症状なので、首をストレッチしてあげることで症状が改善するのです。

 

①まっすぐ前を向きます

②首を少しだけ捻りましょう

 

③頭を手で少しだけ押し出します

の部分が伸びます。
背中を丸めないで、背筋を伸ばした行うのがポイントです。

猫背だと首の後がうまく伸びません。

ストレッチ3ケ条

  • ストレッチは1部分につき20~30秒かけて伸ばしましょう。
  • 勢いをつけずにゆっくり伸ばしましょう
  • 元の姿勢に戻すときもゆっくり伸ばしましょう

 

肩こりで、どうして頭痛?

肩こりが酷くて頭痛がしてくる
・・・というのは整骨院や鍼灸院の人間でなくともよく聞く話です。

でも、どうして肩こりで頭痛がしてくるかご存知ですか?

痛みの原因は神経の圧迫です

肩コリ型頭痛の原因ですが、それは神経の圧迫によるものです。
下のイラスト通り、首からは頭に向けて

  • 大後頭神経
  • 小後頭神経
  • 大耳介神経

の三つの神経が走っています。

頭痛の原因は肩こり

この三本の筋肉は首の筋肉の隙間を縫うようにして頭の方へと伸びているのですが、肩こりなどで、肩・首の筋肉が固まるとこの3本の神経が圧迫されてしまいます。
神経が圧迫されると、それが痛みとなって脳に伝えられます。
これが肩こり型頭痛の正体です。

 

注意が必要 肩こり型頭痛片頭痛

このように肩こりが原因で頭痛が起こることはよくあるのですが、中には肩こりが原因ではない頭痛もあります。
その代表的なものが片頭痛です。
似ているようで、処置を間違えると余計に痛くなるときがありますので、ごちゃ混ぜにならないように知っておきましょう。

肩こり型頭痛の特徴は

  • 頭が重い
  • 絞めつけるような感じがする
  • 一度起こると、その日一日ずっと痛い

 

片頭痛の特徴は

  • 脈打つように痛い
  • 吐き気がする
  • 比較的短時間(数時間)で治まる

※ 頭の片方だけが痛いのが片頭痛ではない

頭痛

肩こり型頭痛は肩を揉んだり、お風呂に入ると緩和するのですが、片頭痛は急激に筋肉を緩めたり、血流が良くなると悪化する場良いがあります。
「私は肩こり型頭痛」と思っている方は、実は片頭痛の場合がありますので心当たりのある方は気をつけるようにしましょう。

 

≪関連記事≫
簡単に出来る肩こり体操

   中百舌鳥、三国ヶ丘の肩こり-腰痛は当鍼灸整体院へ