正しくまっすぐ座るには

座るときに猫背になっていませんか?

  • 姿勢が気になる
  • すぐに肩がこる
  • そもそも良い姿勢が分からない

こういう方は肩こりや頭痛が頻繁に起こる傾向があります。
正しく座れば疲れもたまりにくくなりますので、よい姿勢で疲れにくい身体作りをしていきましょう。

 

猫背、反り腰で背骨と骨盤が歪みます

正しい 背骨-骨盤 は緩いS字のカーブを描いています。
しかし姿勢が悪くなるとこの骨盤-背骨のS字が崩れてしまいます。

背骨と骨盤は隣あっている関節なので、意識しないとセットで動いてしまいます。
この本来はセットで動く「骨盤」と「背骨」を分割して動かすことで、骨盤を正しい位置に戻すことが可能です。

ただし、それには難しいことをする必要はありません。
正しく座る、正しく立つ、ということを意識するとそれだけで骨盤は矯正されていきます。

ここでは正しい座り方をすることで、骨盤が自然とまっすぐに戻る方法をお伝えします。

 

骨盤の形 ~まずは触りましょう~

骨盤体操をする前に、まず骨盤の形をざっくりと知っておきましょう。
骨盤は腰の部分にある骨です。
腰に手を当てるとそこにあるのが骨盤ですので、まずは触って場所を覚えましょう

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

 

骨盤という言葉は聞いたことがあっても、場所は意外と知らない方が多いので、まずは「ここを動かす」という意識を持ちましょう

①まっすぐに座ります

まずはまっすぐに座りますこのときに膝とつま先が一直線になるように気をつけましょう。

%e6%ad%a3%e9%9d%a2

横から見るとこんな感じです。
頭-背中-お尻が一直線に並ぶようにしましょう。

 

②骨盤を動かしていきます」

座りながら骨盤を動かしていきます。
このとき腰に手を当てながら行うと分りやすいです。
12-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

%e3%81%93%e3%81%a4%e3%81%b0%e3%82%93%e3%82%8d%e3%82%80
  1. まずは猫背になりましょう
  2. 上に伸びあがる様に背中をまっすぐにもっていきましょう。
    腰を反らすのではなく、骨盤(〇の部分)をそらすのがポイントです
  3. もう一度猫背に戻ります

 

NG 猫背にならないように気をつけましょう

%e5%8f%8d%e3%82%8a%e8%85%b0

OK 上に伸びあがるようにすると、きれいに背骨が伸びます。

※注意事項
ゆっくり行いましょう
回数は4~5回で結構です。
沢山し過ぎると痛める原因になります。

 

≪関連記事≫
座りながらの腰痛体操
腹式呼吸で腰痛予防

  堺区中百舌鳥の骨盤矯正は当マッサージ院へ