バランスボールで坐骨神経痛対策を!

坐骨神経痛で困っていませんか?

ヘルニアで腰が痛い

こんな症状は出ていませんか?

☑お尻がジンジン痛くなる
☑太ももの裏が痺れる
☑足全体がだるい、もやっとする
☑下肢全体が痛い

こういった症状は坐骨神経痛の典型的な症状です。
読んで字のごとく神経痛ですので

・ジンジン痛い(または痺れる)
・ビリビリ痛い(または痺れる)
・チクチク痛い(または痺れる)

といった症状が現れます。
痛いと症状を訴える方と、痺れると訴える方がいますが、ひとによって症状が異なります。

 

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛

坐骨神経痛は、腰椎から、お尻を経て、足の方へと伸びていく神経です。
痛みが出ているのはこの坐骨神経の部分で、腰~お尻~足の部分のいずれかに症状が現れます。

その原因は坐骨神経の圧迫にあります。
立ちっぱなし、座りっぱなし、歩きっぱなし、などの動作を繰り返すと坐骨神経痛にダメージが蓄積し坐骨神経痛を生じます。

姿勢の悪さが影響してくる

坐骨神経痛は、立ちっぱなし、座りっぱなし、歩きっぱなし、など一定の動作を繰り返すことで生じます。
ですので、このときの姿勢を注意すると坐骨神経痛の症状を軽減することが可能です。
そのためにも背骨や骨盤を意識するようにしましょう。

バランスボールに乗ると…

バランスボールに乗ると背骨や骨盤のバランスを整ることが可能です。

バランスボールは背骨や骨盤に緩い衝撃がかかることで

  • 背骨-骨盤の並びがよくなる
  • 背骨-骨盤を支える筋肉を強化する

という効果が現れます。
背骨と骨盤が整うと、歩く、座る、立つ、といった動作の最中に坐骨神経の負担がかからなくなってきます。

バランスボールの乗り方には
・バランスボールの基本的な乗り方
・バランスボールと肩こり体操

など、色々な乗り方がありますので、試してみたください。

  三国ヶ丘・百舌鳥赤畑町の腰痛は当院へ