バランスボールで梨状筋症候群対策

梨状筋症候群の痛みはありませんか?

こういう症状が梨状筋症候群です

  • 足全体がだるい、もやっと
  • お尻がビリビリ痛くなる
  • 太ももの裏に痺れがでるする

    足全体が痛い

もしもこういう症状が出ている場合は梨状筋症候群かもしれません。
梨状筋症候群は神経痛の一種ですので

・ジンジン痺れる(又は痛い)
・ビリビリ痺れる(又は痛い)
・チクチク痺れる(又は痛い)

といった症状が現れます。
『痺れる』という方と、『痛い』という方がいますが、これはどちらも神経痛の書状です。

 

梨状筋症候群はどうしてなるの?

梨状筋が硬くなると梨状筋症候群が起こります

簡単に説明すると、梨状筋症候群はお尻を通る坐骨神経が梨状筋という筋肉に圧迫されることで起こります

坐骨神経痛お尻から足の裏をまっすぐに通っている神経です。
この神経は

・脳からの命令を筋肉に伝えたり
・足で感じた感覚を脳に伝えたり

する機能があります。
なので、この坐骨神経が圧迫されるとこの働きに異常が生じ、痛みや痺れといった症状になって現れます。

歩いていると足が痛くなる。
座っていると腰(お尻)が痛い。
経っているともも裏が痛い。
などの症状の方は注意が必要です。

神経圧迫の原因は姿勢にある

梨状筋症候群の原因は梨状筋による神経の圧迫です。
この圧迫という状態は姿勢が悪いと起こりやすくなります。

ですので、姿勢を注意するとことで梨状筋症候群を軽減していきましょう。
そのためにはバランスボールが効果的です。

 

バランスボールに乗ってみましょう

バランスボールに乗ると背骨~骨盤のラインが整い姿勢がまっすぐになってきます。

バランスボールは背骨-骨盤に軽い振動が加わるので

  • 背骨-骨盤の並びがよくなる
  • 背骨-骨盤を支える筋肉を強化する

という効果が現れます。
背骨と骨盤が整うと、歩く、座る、立つ、といった動作の最中に坐骨神経の負担がかからなくなってきます。

バランスボールの乗り方には
・バランスボールの基本的な乗り方
・バランスボールと肩こり体操

など、色々な乗り方がありますので、試してみたください。

  百舌鳥梅北町/三国ヶ丘の肩こりは当院へ