夏野菜で体温調節

食べ物で体温調節してみませんか?

夏野菜は身体を冷やす・・・と言う話を聞いたことはありませんか?
食養生という言葉がある通り、食事で身体を整えるということは昔からされていました。
ただし「夏にトマトを食べると体温が下がる」といううだけでは胡散臭いことこの上ないことは事実なので、今回は身体を冷やす食べ物のお話しです。

何を食べると体温が落ちるのか?

野菜類…きゅうり、トマト、ナス、白うり、
    レタス、キャベツ、ほうれん草
果物……キウイ、スイカ、レモン、梨、りんご、
    柿、バナナ、オレンジ
穀類……小麦、はと麦、そば
魚介類…たこ、カニ、あさり、しじみ、うなぎ
海藻類…わかめ、昆布、のり
豆類…もやし、豆腐、ひえ
いも類…こんにゃく
調味料…白砂糖、酢

トマトやきゅうりなどの夏野菜などは何となく納得出来る気がしますが、白砂糖とか酢は意外な気がします。
これらが身体を冷やす作用があると言われているのには、いくつかの理由があります。

消化するのにエネルギーを使う
食べ物を食べると栄養分は熱エネルギーへと換わるのですが、逆に食べ物を消化する際にも熱エネルギーが必要になります。「身体を冷やす食べ物」の消化には、より多くの熱が必要となります。そのため、身体から多くの熱が奪われ、冷やされるという訳です。

カリウムが身体を冷やす
「カリウム」を多く含む食材も「体を冷やす食べ物」として挙げられます。カリウムは強い利尿作用を持っているため、尿とともに熱を放出して身体を冷やす効果があります。
カリウムは、暑い夏に飲む機会の多い麦茶や、漬物によく出てくるナスやきゅうりといった夏野菜に多く含まれています。

血圧を下げて体温を下げる
最後は「お酢」です。暑い夏場には、食欲増進・疲労回復効果のある酢ですが、他にも効果があります。お酢は血圧を下げる働きを持っており、それによって体温の上昇を抑え、身体を中からスッキリ冷やす効果も持っています。
知っているとちょっと得する食養生美味しく食べて暑い夏をやり過ごしましょう。

  堺区-百舌鳥赤畑町の整体は当整体院へ