実は多い!? 坐骨神経痛

坐骨神経痛って?

友達に言われました。
「それって坐骨神経痛じゃないの?」

昔、知り合いが言っていました。
「坐骨神経痛だから、辛いわ~」

職場の上司が言っていました。
「知り合いが坐骨神経痛なんだ」

坐骨神経痛という言葉は意外と色々なところで聞いたことがあると思います。
しかし実際に坐骨神経痛がどんな症状かは意外と知られていません。

私も坐骨神経痛なのかな?

ちょっと気になっている方は、坐骨神経痛がどんな症状なのかまず知っていきましょう。

 

坐骨神経ってどこ?

坐骨神経痛とは読んで字のごとく『坐骨神経』が『痛い』状態です。
ですので、まずは意外と知らない坐骨神経の場所を確認しましょう。

坐骨神経痛

坐骨神経とはお尻から足の裏側を通り、ふくらはぎまで伸びている神経のことです。
この神経の部分にそって症状が出ます。

 

坐骨神経痛の特徴

坐骨神経痛の特徴は
坐骨神経痛のライン上に痛み痺れが出ることです。

足やお尻が、チクチクする、ビリビリする、ジンジンする、という状態が神経痛です。

坐骨神経痛の症状

こんな状態が出ていたら注意

  • 座っているとお尻がだんだん痛くなる
  • 立っていると足がだんだん痛くなる
  • 動くと痺れが出てくる

 

坐骨神経痛のときはこの体操を試しましょう

坐骨神経痛のときはこの体操

身体の中心に向けて膝を引っ張ります。
の部分の筋肉が伸びます。

お尻の筋肉が伸びることにより坐骨神経痛の圧迫がとれます。
ストレッチのコツとして

・時間をしっかりかける(20~30秒)
・ゆっくり行う
・元に戻すときもゆっくり戻す

の3点に気をつけましょう。

坐骨神経痛をもっとよく知りたいときは?

 

≪関連記事≫
座りながら出来る腰痛ストレッチ
バランスボールで骨盤矯正

  中百舌鳥の姿勢改善・骨盤矯正は当マッサージ院