梨状筋症候群とバランスボール

梨状筋症候群で悩んでいませんか?

  • お尻がジンジン痛い
  • 足がビリビリ痺れる
  • 痺れや痛みの感覚がする

梨状筋症候群とは、お尻の筋肉である梨状筋が原因で、お尻や足に痛み痺れが出る状態の事です。

ビリビリ、ジンジン、チクチク、した感覚がします。
ヘルニアとよく似た症状がするのですが、ヘルニアとは違う疾患です。

梨状筋症候群とは?

梨状筋が硬くなると梨状筋症候群が起こります

梨状筋は股関節と骨盤をつなぐ筋肉で、その下にある内閉鎖筋の間を坐骨神経が通っています。
座り過ぎ、立ちっぱなし、動きっぱなし
様々な理由でこの筋肉は固まってきます。
すると、梨状筋が坐骨神経を圧迫し痛みや痺れとなって現れるのです。
坐骨神経が圧迫されダメージを受けると神経痛となって、ジリジリ、チクチク、ジンジンといった症状が現れます。
これが梨状筋症候群です。

 

梨状筋症候群を治すには?

梨状筋はお尻の筋肉を緩めることで改善します。
そのためにもまずはストレッチをしていきましょう。

ストレッチとひと言にいっても様々なストレッチがあるのですが、まずは簡単に出来るものから試していきましょう。

 

梨状筋症候群のストレッチ

❶まずはイスに座って、片足であぐらを掻きます。

梨状筋症候群しびれのストレッチ

❷次に身体を前に傾けていきましょう。

中臀筋で腰痛改善

お尻や股関節のつけ根の部分が伸びていると感じたら正解です。

  • ゆっくり伸ばす
  • 20~30秒かけて伸ばす
  • 戻すときもゆっくりと

この3点に気をつけてストレッチしていきましょう。

 

バランスボールでさらに改善

梨状筋症候群を軽減するにはお尻の筋肉を柔らかくするのが有効ですが、それだけでは不十分です。
骨盤の歪みをとってあげないと、筋肉だけ緩めてもすぐに元に戻ってしまうのです。
お尻の筋肉が固まる原因は

  • 立ち方が悪い
  • 座り方が悪い

といった日常生活の動作不良が原因です。

ですので、痛みや痺れの原因を根本から取り除くには身体の使い方から改善していきましょう。
そのためにはバランスボールに乗ってみましょう。
使い方はとても簡単です。

バランスボールに乗ると歪んでいる骨盤が安定します。
梨状筋はお尻の筋肉ですので、骨盤の歪みをとることで再発を防ぐことが可能です。

 

古荘鍼灸治療院での梨状筋症候群施術

あちこちの整骨院で施術を受けたけどあまり改善しなかった・・・そんなことはありませんか?
一時的に筋肉だけを柔らかくしても、姿勢の歪みから戻さないと再発してしまいます。
当院では梨状筋症候群を根本から治療するために、整体の他にバランスボールを使った施術を行っています。

バランスボールに乗り、身体の中心から痛みを取り除いていくのが古荘鍼灸治療院の梨状筋症候群施術です。

 

古荘鍼灸治療院で施術を受けるときは…

【1】ホームページ、チラシなどをご覧ください
まずはチラシやホームページなどで当院の情報をご覧ください。
当院ではリラクゼーションのもみほぐしや、マッサージを行っておりません。
あらかじめご了承ください。

【2】ご予約ください
お電話(090-240-1110)かネット予約でご予約ください。
・料金
・時間
・施術内容
など、気になることがあれば気兼ねなくご質問ください。

 

【3】予約した日時に来院ください
施術スタートです。

 

料金表(割引あり)

 

 

<関連記事>
古荘鍼灸治療院での梨状筋症候群の施術

 梨状筋症候群は中百舌鳥の当院に相談!