梨状筋症候群にはストレッチポールが有効です

梨状筋症候群の症状が出ていませんか?

  • お尻がビリビリ痛い
  • 足がジンジン痛い
  • 痺れる感覚がする

梨状筋症候群とは、お尻の筋肉である梨状筋が硬くなることで、お尻や足に痛み痺れが出る症状の事です。

神経痛の一種ですので、ビリビリ、ジンジン、チクチク、痛い。
または痺れるような感覚がするのが特徴です。

梨状筋症候群とは?

梨状筋症候群は骨盤矯正で

梨状筋は股関節と骨盤をつなぐ筋肉で坐骨神経の上を覆っています。
坐骨神経は脊髄から足の先端まで伸びている神経で、この部分が圧迫されるとお尻や足に痛みや痺れが現れます。
これが梨状筋症候群です。

 

梨状筋症候群を軽減するには?

梨状筋症候群はお尻の筋肉である梨状筋が硬くなって出る症状です。
ですので、まずは梨状筋を緩める必要があります。
そのためにお尻をストレッチするようにしましょう。

ストレッチには色々な種類があるのですが、ここでは古荘鍼灸治療院で行っているセルフストレッチをお教えします。
誰でも簡単に出来るので、お尻、足の痛みに困っている方はまずお試しください。

 

お尻のストレッチ

①まずは座って片足であぐらを掻きます。

梨状筋症候群しびれのストレッチ

②次に身体を前に倒しましょう

中臀筋で腰痛改善

お尻や股関節のつけ根の部分が伸びていると感じたら正解です。

  • ゆっくり伸ばす
  • 20~30秒かけて伸ばす
  • 戻すときもゆっくりと

この3点に気をつけてストレッチしていきましょう。

 

さらに良くしていくためには?

筋肉を緩めるだけでも有効なのですが、そこからさらにストレッチポールにのると症状が軽減します。

ストレッチポールは背骨や骨盤を矯正するためのエクササイズツールで「乗っているだけで背骨や骨盤が矯正される」という効果があります。
TVではメジャーリーガーや金メダリストのトレーニング用具として紹介されることが多いのですが、アスリート以外の一般の方が使っても無理なく効果が出てきます。
何しろ乗っているだけでもOKです。

ストレッチポールに乗ると骨盤-背骨がまっすぐになります。
梨状筋症候群の原因は筋肉が歪んだり圧迫されたりで硬くなることなので、この歪みをとってあげることが重要なのです。

骨盤の歪みが神経の圧迫につながります

 

古荘鍼灸治療院での梨状筋症候群施術

あちこちでマッサージを受けたけどあまり改善しなかった。
そんなことはありませんか?

マッサージで筋肉だけを緩めたとしても、骨盤や背骨の歪みから戻さないとすぐに症状が再発してしまいます。
古荘鍼灸治療院では梨状筋症候群を根本から改善するために、整体に加えてストレッチポールを使った施術を行っています。

ゴロゴロ転がっているだけで身体の歪みが取れていきます。
バキバキ、グキグキせずにソフトに矯正していくのが当院のスタイルです。

 

古荘鍼灸治療院で施術を受けるには…

【1】ホームページ、チラシなどをご覧ください
まずはチラシやホームページなどで当院の情報をご覧ください。
当院ではリラクゼーションのもみほぐしや、マッサージを行っておりません。
あらかじめご了承ください。

【2】ご予約ください
お電話(090-240-1110)かネット予約でご予約ください。
・料金
・時間
・施術内容
など、気になることがあれば気兼ねなくご質問ください。

 

【3】予約した日時に来院ください
施術スタートです。

 

料金表(割引あり)

 

 

<関連記事>
古荘鍼灸治療院での梨状筋症候群の施術

  梨状筋症候群は中百舌鳥の当院に相談!