毎日、鍼灸・・・これって大丈夫?

「3日続けてと言いましたけど、鍼なんて毎日しても大丈夫なんですか?」

この前に施術中にあった会話です。
こちらの患者さんは捻挫で来た患者さんで、なるべく早めに痛みを取りたいという希望があったので「3日続けて~」という話が出てきました。

さて、この「鍼は毎日しても大丈夫ですか?」というテーマなのですが、鍼灸治療自体は毎日しても悪影響はありません。
ただ、当院は急性期の激痛の患者さんを除けば(この患者さんはこのケースでしたが)、時間をかけながら、ゆっくり、着実に治していくスタイルをとっていますので、原則として「毎日、通院してください」ということはありません。

 

もともとお灸は自宅でやるもの

que-1384777403

お灸は古来、中国で生まれ日本にやってきたのですが、当時はお寺でやることが多かったと言われています。

そのときのお灸のやり方が、
お寺でお坊さんにツボの場所を墨でつけてもらい、
家に帰って自分で(または家族に)お灸をするというやり方でした。

お灸は毎日することで

  • 肩こり、腰痛、といった身体の痛み
  • 冷え性、便秘、食欲不振、というような内臓の不調

が軽減していきます。

当院ではお灸の販売もしていますので「ここのツボに毎日お灸をしてください」という風に勧める場合はございます。症状によっておススメさせていただくことがありますので、そのときはご質問ください。
※ 通院日数をつめて治療させる治療家さんもいらっしゃいますが、そういう方は毎日打っても大丈夫な鍼の打ち方をしています。

鍼灸は患者さん側が効果を理解することで、より良い効果を生み出すことが可能となります。
もっと知りたいと思う方はQ&Aをご利用ください。

鍼灸ページ Q&A

  百舌鳥梅北町での針治療は当院へ