腱鞘炎はストレッチポールで対策

腱鞘炎が出ていませんか?

  • 手首がジンジン痛い
  • 指の付け根が痛い
  • 手の甲が痛い

腱鞘炎ではこういった症状が現れます。
そもそも腱鞘炎とは使い過ぎなどが原因で『腱鞘』に『炎症』が起きている状態です。

 

腱鞘炎の原因は?

腱鞘とは腱(俗にいうスジ)を包んでいるトンネルの部分です。
腱がこのトンネル(腱鞘筋肉)の部分を通ることで、筋肉は動きを伝えやすくして身体を動かしやすくなります。

ところがこの腱鞘の部分を短期間に何度も腱が通過すると、摩擦で傷ついて炎症が起きてきます。
これが腱鞘炎の状態です。

 

使い過ぎているのは手首や指だけでない

腱鞘炎の症状が出るのは大抵指や手首です。
ですので、腱鞘炎の初期の処置としてはアイシングで炎症を抑えることが有効です。

腱鞘炎のアイシングはコチラ▶

ですが長期間腱鞘炎が起きていて症状が慢性化している場合は起こっている炎症を収めるだけでなく、身体の使い方を変えて指や手首の負担を減らしていくことが重要です。

例えば下のABのイラストですが、持ち手が上になっているか、下になっているかで、腕の上げやすさが変わってきます。

このようにちょっとして手の動きが身体の動きそのものに関わってくるのです。
腱鞘炎の場合は肩や腕の動きが悪くて、手首・指に悪影響が出ていることが多いので、肩や腕の動きをよくしていく必要があります。
そのためにもストレッチポールは有効です。

ストレッチポールを使うと

ストレッチポールは上に乗ることで

  • 背骨を矯正する
  • 骨盤の歪みをとる
  • 肩甲骨を正しい位置に戻す

など身体の動きを良くしていく効果があります。
もちろん肩や腕の動きをよくする効果がありますので腱鞘炎にも有効です。

基本的には寝転がっているだけでもOK
特に背骨と肩甲骨の動きが改善されると肩より先の負担がなくなってきます

▶ストレッチポールの乗り方はコチラ

 

古荘鍼灸治療院の腱鞘炎施術

当院ではストレッチポールや鍼灸を使って腱鞘炎の施術を行っています。
鍼灸をすることで腱鞘炎の痛みを減らしていきながら、ストレッチポールで身体の使い方を改善していく。
そうすることで腱鞘炎はより早く治り、同時に再発予防も行うことが出来るのです。

ホームページをご覧いただき、ご興味いただけましたら健康な身体作りの手伝いをさせていただければ嬉しいです。
予約の際は、ネット予約か、お電話☎072-240-1110でご利用ください。
 
 

当院で施術を受けるときは…

1ホームページをチェック
まずは当院の説明をご覧ください。
当鍼灸治療院は身体の、動き方、使い方から痛みや痺れをとる施術を行っています。
慰安のマッサージなどは行っていませんのであらかじめご了承ください。
もみほぐしなどをご希望のかたはご遠慮ください。

2ネットかお電話でご予約ください
お電話(Tel 072-240-1110)かネット予約でご予約ください。
その際に、料金、施術内容、お身体の状態
などの疑問があれば、そちらもお尋ねください。

骨盤整体を受けるまでの手順3予約した日時に来院ください
予約した日にお越しください。
当日は少しだけ身体を動かしますので、動きやすい服で来院ください。

※持ってこれない方のために着替えも用意しております。

  腰痛整体は三国ヶ丘・中百舌鳥の当鍼灸院へ