良いの? 悪いの? クセになる鍼灸

o037804201328073333357

鍼灸はクセになるとよく言われます。

ところが不思議なもので「クセになる」というと良い意味で使われることが多いのですが、鍼灸の場合クセになってしまうと良くない、というネガティブなイメージで聞いて来られる方が多く見受けられます。

「鍼灸治療って癖になるって聞くけど大丈夫ですか?」

あまりにネガティブなイメージで聞いて来られるかたが多いので逆に
「どういうイメージですか?」
と聞いて見たことがあるのですが、

  • 鍼灸をするとクセになって鍼灸なしだとしんどい身体になってしまう
  • クセになってきて段々と効かなくなってくる

という意味合いで効いてくるかたがいることが分りました。
実際にはそういったことはないのですが、どうもそういうイメージが定着しているようです。

 

鍼灸しないとしんどくなる身体になってしまうのか?

dog%e7%96%b2%e3%82%8c

実際はそんなことはありません。
通常は回数を重なるほど効果が出て快方に向かっていきます。

当院ではその施術の中で鍼灸以外に自分で出来る体操などを伝えさせていただいています。
鍼灸のみでの施術が不安な方はそういった方法がありますので、あまり怖がらずに受けていただけると嬉しいです。

 

癖になると段々効かなくなる

確かに最初のうちは効いていたけど、だんだん効きが悪くなっていると感じる場合があります。
しかし実際は感覚的な問題で

悪くなった状態が少し良くなったときと、
少し良くなった状態がさらに少し良くなる

だと前者の方が良く効いている気がします。
これは治療が進めば進むほど感じてくることでもあります。

治療は一日にしてならずですので、根気よく受けていただけるとその本当の効果が実感できることかと思います。
鍼灸は肩こり、腰痛の他にも、冷え性、便秘などにも有効です。

 

鍼灸は患者さん側が効果を理解することで、より良い効果を生み出すことが可能となります。
もっと知りたいと思う方はQ&Aをご利用ください。

鍼灸ページ Q&A

  中百舌鳥/百舌鳥梅北町の産後骨盤は当マッサージ院へ