冬場の乾燥には気をつけて下さい

冬場の乾燥・水分補給

冬も真っ只中ですが、皆さん水分補給はしていますか?

人間の身体の60%は水分で出来ており、1日に2リットルの水分摂取が必要と言われています。
夏場はあれだけ騒がれる脱水症状ですが、じつは熱中症にならなくても脱水症状は起こりうるのです。それが冬の「かくれ脱水」です。

喉が渇かなくても水分補給

夏の間は「朝・昼。晩、にお茶を何杯飲んだ」と簡単に思い出すことが出来ます。
しかし冬はあまり喉が渇きません。なので、意識して水分を摂らないと今日はご飯のときしかお茶や水を飲まなかった、ということになりかねません。
そうなると怖いのが冬の「かくれ脱すい」です
冬は一年でもっとも乾燥する時期です。

乾燥した空気は、喉、眼球の表面、皮膚の表面から、どんどんと水分が蒸発していってしまうのです。
その他にも呼吸や、汗など、夏ほどでなくとも水分はどんどん抜けていくのです。

乾燥は風邪の味方

乾燥すると風邪を引きやすい。 何となく聞いたことがあると思いますが、何故か知っていますか?  理由はありますが、まず2つだけ知っておきましょう。知っていると、より対策をしようという気になってきますので、わりと重要です。

❶空気が乾燥すると・・・湿度が高いと風邪のウィルスに水分が付着し地面に落ちていきます。
            逆に乾燥するとウィルスは飛び散るので、吸い込んで身体に
入りやすくなります。
❷身体が乾燥すると・・・口や鼻の粘膜は風邪のウィルスから身を守ってくれるのですが、
乾燥するとこの粘膜が機能しなくなります。

加湿器で空気に水分補給、お茶で身体に水分補給。知っているけど忘れがちなので意識するようにしましょう。

 

  堺・百舌鳥赤畑町の腰痛、肩こりは当マッサージ院へ