≪肘の痛み≫ デスクワークでも出てきます

肘 トップ画像
 
 

こんな症状は出ていませんか?

  •  パソコン仕事をしていると肘が痛い2249072
  • 重いものを持つときに肘に違和感がある
  • 肘が痛くて腕に力が入れれない
  • スポーツをしていると肘に痛みが・・・

▼▼ その状態、そのままにしてませんか

 
肘の痛みは適切な処置を施すことで改善していきます
 
kotsuban03

肘の痛み つの理由

肘の痛みが慢性化しやすいのには3つの理由があります。
少し意識するだけでも、肘の負担が変わりますので知っておくとお得です。

 

その1 使い過ぎなのは肘でなく、指

7920936382_17e6af1fcd

スポーツをしている人以外に質問です。

肘が痛くて、病院、クリニックにいったときに
「野球肘(またはテニス肘)ですね」
と言われたことはありませんか?

「野球?」「テニス?」
もちろんもう何年もスポーツなんかしていません。

実はこの○○肘ですが、使い過ぎによって肘に痛みが出たときの総称です。
野球やテニスをしている人に出やすいので、このように呼ばれるのです。

スポーツをしていないのに、このような症状が起きる人はキーボードや事務処理などの、指を使う仕事をしている方に多く見られます。

図を見ると分りやすいのですが、指の筋肉というのは、実は肘までつながっているのです。
指の使い過ぎ、手の酷使により、実は指や手以外に肘にも負担を与えてしまっているのです。

その2 肘の動きよりも方の動き

80cfc4de98f9514f14a71afd1df33c2e

肘の筋肉が指とつながっているのは説明したとおりですが、実はその他にも『肘』『肩』と密接な関係があります。

図で見ると分りやすいのですが、肘とは前腕と上腕(二の腕)の筋肉が交差する部分なのです。

肘に痛みが出ている方は、肩の動きに制限の見られる方が多数見受けられます。
身体はひとつにつながっていますので、肘だけでなく、肩の動きを改善していくと、肘の痛みを早期に取り除くことが可能です。

関連記事
・肩の体操

その3 間違ったセルフケア

hijitu

この痛みは「冷やしたらいいのか? 温めたらいいのか?」悩んだことはありませんか?
実はこのセルフケアの仕方で余計に痛みが強くなってしまう方はたくさんいるのです。

その最たるものがマッサージです。
実は痛みが強く出ているときは、その周辺をゴリゴリ触ったりしない方が、痛みが早く引くほうが多いのでうす。

正しい処置の方法をひとつでいいので知っておく。
それだけで回復の速度は変わってきます。

関連記事
アイシングの方法
・シップの貼り方

 

 

さらに一工夫 古荘鍼灸治療院の≪肘≫施術

 
20071025_169567
古荘鍼灸治療院では鍼灸治療の際に『骨盤』や『背骨』の動きを見ながら施術をしていきます。肘の動きを改善するには『肩』や『背骨』『骨盤』の動きを改善することが重要です。

古荘鍼灸治療院では骨盤矯正鍼灸治療を併用しながら、それを行っています。

骨盤は背骨の一番下の部分にある、いわば「人体の土台」に相当する部分です。
そこの動きを良くして上げるだけで、背骨の位置はどんどん良くなっていきます。

骨盤矯正というとどうしても「ゴキッ、バキッ」とするものをイメージしてしまいますが、当院の骨盤矯正はそれとは少しだけ違い

・ブロックやポールの上で寝ているだけでじっくり矯正していく
・簡単な体操や、普段の立ち方、座り方を意識することで自然に矯正していく

という方法をとっています。

鍼灸ページ1腕というのは一番良く使う部分です。
ですので、肘の痛みというのはなかなかとれにくいのですが、適切に処置すれば確実に和らいでいきます。
 

「重いものを持てるようになった」
「長時間のデスクワークも痛くない」
「スポーツ中に痛みが出ない」

という日を一日でも多く作るために、古荘鍼灸治療院では施術させていただいています。
まずはホームページをしっかり読んでいただき、当院の方針に興味をお持ちいただけたら、一度ご相談ください。

  三国ヶ丘-中百舌鳥エリアでの肘の痛みは当鍼灸整体院へ