ストレッチポール ≪全身リラックス編≫

肩こり、腰痛に効く ≪すっきりストレッチポール≫

s-pole-small2

今回のストレッチポールは、腰、肩をリラックスさせるストレッチポールの体操です。
一番基本的なポール体操なので、お試しください。

 

まずは乗ってみよう

まずはストレッチポールに乗ってみましょう
気をつけてほしいのは

  • ① 手のひらを上にする
  • ② 膝を閉じないこと

の2点です。

kimg0161

 

①床みがき運動

%e5%ba%8a%e7%a3%a8%e3%81%8d

手の平を上にして床を磨(みが)くようにくるくると回しましょう。
小さな振動が肩まで伝わるようなイメージです。

 

≪ポイント≫
手や、肘よりも、肩甲骨が動いているのを意識しましょう

 

②肩甲骨の運動

%e8%82%a9%e7%94%b2%e9%aa%a8%e6%8c%99%e4%b8%8a

前へならえをするように手を天井に向けて伸ばします。
肘はリラックスしましょう。

そこからさらに天井へと両手を上げていきます。
しっかり上げたら、次はゆっくり下ろしていきます。

 

≪ポイント≫
力みすぎないように、指の力は抜くイメージで

 

③腕の開閉運動

%e8%85%95%e9%96%8b%e9%96%89

腕を下におろした状態から床を滑らすようにして胸の高さまで上げていきます。
広げた後は、再びゆっくりと下ろしましょう。

 

④ワイパー運動

%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%91%e3%83%bc

両足を伸ばして、足の幅を腰幅まで広げます。
踵(かかと)を軸に左右の足を内外に小さく揺らします。

≪ポイント≫
足首ではなく、股関節の運動です。
膝(ひざ)のお皿までしっかり、内‐外を向くようにしましょう。

 

⑤膝緩め運動

%e8%86%9d%e6%8f%ba%e3%82%89%e3%81%97

足の力を抜きましょう。
そこから少しだけ外側に膝を曲げて、伸ばします。
そこから膝を上下に軽くゆすります。
貧乏ゆすりするような感覚でゆすってみましょう。

 

≪ポイント≫
踵(かかと)はつけたままで。
腰が反りすぎないように気をつけましょう

⑥ スライド

%e6%a8%aa%e6%8f%ba%e3%82%8c

背骨をスライドさせるようにします。
水平に動くようにしましょう

ポイント

  • 大きすぎる動きにならないようにする
  • 脚で踏ん張らないようにする
  • スライドさせた方に体が傾かないようにする

 

⑦深呼吸

kimg0161

最後はリラックスして呼吸を整えましょう。
静かな呼吸を繰り返します。

≪ポイント≫
ストレッチポールの直後は筋肉が緩んで力が入りにくくなります。
急に立ち上がると、立ちくらみや、ふらつきが起こることもありますので、呼吸を整えてからゆっくりと起き上がるようにしてください

ストレッチポールで背骨もリラックス

ストレッチポールに乗ると背骨-骨盤のラインが整います。

背骨のラインや骨盤の位置が悪くなると

・ヘルニア
・坐骨神経痛
・脊柱管狭窄症

といった腰痛や足のしびれのような症状が現れる場合があります。
背骨・骨盤を整えて痛みの原因を根本から取り去っていきましょう。

 

≪関連記事≫
肩こり、腰痛に背骨ほぐしのストレッチポール

  堺-三国ヶ丘の骨盤矯正、肩こり施術は当院へ